スクワットMAX測定

どうも、mahuyuchanです。今日はスクワットのMAXを測定したので、その結果報告です。

スクワットMAX測定

前回の記録は130kg5回で、これをMAXに換算すると149.5kgになります。

3月末の実測値が130kg1回だったので、それと比べると、約20kgほど筋力が増した計算になりますが、これはあくまでも計算上の値なので、今日は150kgを実際に挙げることを目標にしていました。

20kgと60kgでアップをしてから、110kg→130kgと重量を上げていきました。

流石に、前回5回挙げている130kgは問題なく挙げることができました。

その次に挑戦した140kgも、立ち上がりの時に減速があったものの、苦戦することはなく挙がったので、目標としていた150kgに挑戦しました。

ボトムからの立ち上がりでかなりの減速があったものの、結果的には粘ってなんとかクリアすることができました。

しかしながら、これが今の実力の限界という感じがしたので、さらに重量を上げて挑戦することはやめました。

今後は、また地道に8回3セットを目標にした練習を積んでいこうと思います。

目標にしていた150kgがクリアできて良かったです。

トレーニングメニュー

  • スクワット MAX測定
  • シーテッドレッグカール 65.5kg 3セット
  • レッグエクステンション 93kg 3セット
  • アブダクション 58.5kg 3セット
  • アダクション 58.5kg 3セット

スクワットはMAX測定だけで終わりました。

フォームはまだまだ見直す部分があると思っていますが、伸び悩むまでは今のやり方で続けようと思います。

今はハイバーのフルスクワットで、重量を大腿四頭筋で受けるようなフォームになっていますが、今後さらに重量を伸ばすならば、ローバーに切り替える必要があるかもしれません。

シーテッドレッグカールは、前回好調だったので重量を上げましたが、4回、4回、3回と撃沈しました。

スクワットの疲労がない状態でこの回数なので、次回はもっと回数が落ちる可能性も考える必要があります。

その場合でも、フォームが崩れないようにだけは気を付けようと思います。

レッグエクステンションは好調で、重量を前回より上げたにもかかわらず、回数は8回、6回、4回でした。

自分のスクワットのフォームのことを考えると、レッグエクステンションはどんどん強くしていく必要のある種目なので、この調子で頑張りたいところですが、間も無くマシンのウエイトが限界まで達してしまいます。

ゴールドジムだと、マシンにプレートを無理やり取り付けるためのアタッチメントがありますが、流石に市営ジムにはそのようなものはないので、何か工夫する必要があります。

一つの案として、ワンレッグのトレーニングに切り替えることも考えています。

補助種目については、フォームを崩さないことを念頭に置きつつ、積極的に重量アップを狙っていきます。

まとめ

スクワットのMAX測定では、目標の150kgをクリアできました。

これでBIG3全てのMAX測定が終わったので、測定結果を元に、また別記事で今年の目標を立てたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です