もう一つの趣味の将棋の紹介

どうも、mahuyuchanです。今回は、自分のトレーニング以外の趣味である将棋について書きます。今後は将棋関連の記事も充実させていく予定です。

棋歴について

まずは、どのように将棋に出会って、それを趣味としてきたのかについて書きます。

将棋に出会ったのは小学校低学年の頃で、家族旅行の宿泊先に置いてあった将棋セットを用いて父からルールを習いました。

当時を振り返ると、父はルールは知っているものの、戦術や作戦などの知識はなかったように思います。

その後は、図書館にある子供向けの入門書や詰将棋を借りてきて勉強していました。

プロを目指すような子供と比較するのはおこがましいくらいの実力でしたが、学校では敵なしという感じだったので、千駄ヶ谷にある将棋会館によく通っていたことを覚えています。

それ以外では、将棋の強いおじいちゃんの家に、お隣の家の子と一緒に将棋を習いに行っていました。

当時はまるで将棋のことが分かっていなかったので、そのおじいちゃんの中飛車穴熊に対して、矢倉で立ち向かっていました。

中学生になってからは、隣の町で将棋クラブのようなものがあるとの情報を得て、おじいちゃん達に混ざりながら、小さい家で将棋を指していた記憶があります。

中学3年生くらいからは、受験勉強もあって将棋から離れてしまいましたが、大学生になって時間ができてからは、また少しずつ勉強を再開して今に至ります。

現在の実力は、将棋ウォーズ10分切れ負け二段、将棋クエスト10分切れ負け四段です。

棋風について

自分は居飛車党で、かなりの攻め将棋です。

得意戦法は角換わりと銀冠穴熊です。

今後の更新について

将棋ウォーズ10分切れ負け三段、将棋クエスト最高レート更新を目標にしばらくは勉強をしていこうと思っています。

お勧めの棋書の紹介や、棋力を上げるために重要なことなどについても書いていこうと思うので、将棋に興味がある人は楽しみにしていただければと思います。

 33 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です