令和のボディメイクにはびこるドーピング事情

どうも、mahuyuchanです。
今回は、ここ数年で急速に広まりつつあるボディメイクにおけるドーピング事情について、個人的な意見を交えながら解説します。

そもそもドーピングとは?

ドーピングとは、競技能力を向上させることを目的として薬物を使用することです。

多くのスポーツでは、ドーピングを行うことを禁止し、ルール違反があった場合は重い罰が課せられるようになっています。

これは、薬物による効果が、純粋な努力によって得られるパフォーマンスを大きく上回り、スポーツそのものの価値を失わせてしまうためです。

また、後述しますが、健康被害があるという点でも、薬物の使用は推奨されません。

しかしながら、一部のスポーツ団体では、ドーピングを容認しているものもあります。

その一つが、ボディメイクです。

筋肉を発達させるタイプの薬物を摂取することは、多くのスポーツに恩恵があるとは思われますが、スポーツには技術の側面もあるため、薬物の使用が全ての解決策になるわけではありません。

しかしながら、主に筋肉の発達度合いを競う競技であるボディメイク系競技では、薬物の使用が順位に直結します。

そのため、プロ選手の間では、禁止薬物を使って体を作り上げることは当たり前のことでした。

アーノルドシュワルツネッガーが活躍した頃は、おそらくごく初期のアナボリックステロイドが使用されていましたが、近年ではさらに薬の開発が進み、インスリンや成長ホルモンなどを併用することが行われています。

これにより、選手は巨大すぎるとも言える肉体を手に入れるまでに至りましたが、その裏では、薬物の副作用による突然死の報告が後をたちません。

日本とアメリカにおける薬物事情

日本では現在、ステロイドに代表されるような筋肉増強効果のある薬物を所持したり、個人利用したりすることに関しては罰則がありません。

ネット通販で誰でも簡単に入手することができますし、医療で使われるタイプのエナント酸テストステロンという薬物であれば、その筋に通じた医者に話をすれば、医療行為という位置付けで注射をしてもらうことができます。

総じて、日本はボディメイクにおいてドーピングが蔓延する可能性が非常に高い土壌があると言えます。

一方のアメリカでは、個人がこれらの薬物を所持したり利用したりすることが禁止されています。

それでも、ブローカー等を通じて入手する方法はたくさんあるようで、現実的には、多くの一般人も禁止薬物を使用しているようです。

プロボディビルの世界では、表面上は薬物の使用を禁止していることになっていますが、どう考えても、ナチュラルであそこまでのサイズになることはあり得ません。

アンチドーピング連盟に加盟している日本ボディビル連盟選手の仕上がり体重が70kgから80kgの間であるのに対し、世界で活躍するプロ選手の体重は100kgを超えています。

身長の違いもありますが、それでも、日本選手が努力だけで、今の体から20kgもの筋肉を増やした状態になることは考えにくいです。

トップレベルに目を向けると、どうしても日本と海外では差が出てきます。

日本におけるドーピングの現状

日本はこれまで、ナチュラルでトレーニングをして体を作る選手が多く、ドーピングをするのはごく一部というイメージでしたが、実はこれが最近変わりつつあります。

前述した通り、日本にはもともとドーピングが広がる土壌がたくさん準備されていました。

そしてそこに、若くしてプロになるフィジーク選手が多く現れ始めたことが影響し始めます。

彼らの多くは当然のように禁止薬物を使っていると思われますが、それにより、一般人にも、薬は使っても良いものなのだというイメージが広がりつつあります。

特に、短期間で良い体を作りたいと考える若い人にはその傾向が顕著で、特に深く考えずに薬に手を出してしまうケースもあり得ると思います。

個人で簡単に入手ができるという点は、言い換えれば、薬物の使い方を正しく学ばないうちに我流で使ってしまう可能性があるとも言えます。

そのまま使っても危険な禁止薬物を、適切な使用法以外で用いれば、当然副作用等も多くなるでしょう。

ドーピングはなぜ怖いか

ドーピングの問題点は大きく分けて2つあります。

1つは、健康被害です。

アナボリックステロイドの使用はLDLコレステロールの蓄積を促し、それにより血管が狭くかつ脆くなります。

そのような状態で高強度のトレーニングを行ったり、発達した筋肉に血液を送ったりすることになると、心臓には当然大きな負担がかかります。

このことが、海外ボディビルダーが心不全で突然死する原因だと言われています。

仮に突然死までは到達しなかったとしても、解毒を司る肝臓に負担がかかったり、自身での男性ホルモンの生成が妨げられたりという副作用もあります。

2つ目のドーピングの危険な点は、高い依存性がある点です。

ヒトの体は、新く置かれた環境に適応するように変化します。

高重量のトレーニングを続ければ、それに対応するために、筋力が上がったり筋肉量が増えたりするということです。

薬物の使用による筋肉の発達も、基本的にはこの原理に沿います。

外部からの多くのテストステロンの摂取に対応するようにして、体が大きく成長します。

しかしながら、薬の使用をやめると、元の状態に戻る方向へと体は変化していきます。

すなわち、一度薬物を使い始めたら、その体を維持したり発達させたりするためには、薬物を使い続けないといけないと言えます。

それならば、一瞬だけ使って体を大きくして、それで満足して終われば良いと考えるかもしれませんが、一度大きくなった筋肉が萎んでいくことに普通は耐えられないでしょう。

そして、結果として、より多くの薬物を使わないと満足できないようになっていきます。

このように、ドーピングには強い依存性があることが問題点です。

使い続ける限り、体が蝕まれていくと分かっていても、筋肉が落ちることが怖くて止められないという状態に陥る可能性が高いです。

ドーピングとの向き合い方

それでも、プロを目指したいという強い気持ちがあるのであれば、ドーピングをすることも仕方ないかもしれません。

しかしながら、一般の方が、楽して少し良い体を手に入れたいくらいの気持ちで薬物を使うことは絶対に行わないべきです。

私の知人も、一度薬物を使用して体が大きくなりましたが、薬を止めてからは元の体型に戻りました。

そして、今は2回目のドーピングの計画を練っているそうです。

このように、依存状態から簡単には抜け出せなくなる点が非常に怖いです。

何年も努力をしたけれども、それでも効果が出ないから薬物に頼ろうとする気持ちは分からなくはないですが、トレーニングを始めて3年程度で薬物に手を出すのは気が早すぎると個人的には思います。

筋肉をつけるという作業は、一朝一夕にはうまくいきません。

長い時間をかけて取り組む中で手に入れたものにこそ価値があると私は思いますが、過程よりも結果を重視する人が増えていることが、現在のドーピング事情に表れているのかもしれません。

今ドーピングをするか悩んでいてこの記事を読んだ方は、もう一度納得するまでドーピングについて調べて、それから使用を考えてほしいです。

 72 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です