ミリタリープレスMAX測定

どうも、mahuyuchanです。今日はミリタリープレスのMAXを測定したので、結果を報告します。

ミリタリープレスMAX測定

ミリタリープレスは、肩の筋量を増やす種目として自分が一番気に入っている種目です。

重量が扱えることに加え、鎖骨まで下ろすことで強いストレッチを与えられる点も魅力です。

自己ベストは、もう何年前か分からないくらい昔に挙げた75kgです。

今回は、75kgまでは無理でも、せめて70kgは挙げたいという気持ちで臨みました。

ちなみに、前回のトレーニング時の記録は52.5kg8回で、MAX換算は64kgとなります。

アップの後に、50kg→60kg→65kgと重量を上げていきましたが、特に苦労することなく全てクリアできました。

計算では65kgくらいで苦戦すると思っていたので、嬉しい誤算でした。

その後は、70kgは成功しましたが、72.5kgは失敗でした。

とはいえ、順調に筋力が戻ってきていることを実感できたので良かったです。

年内に80kgも視野に入ってきたと思うので、この調子で頑張ります。

扱える重量が伸びるということは、筋量も増えていることを意味します。

トレーニングメニュー

全体のトレーニングメニューは以下の通りです。

  • ミリタリープレス MAX測定
  • アップライトロー 50kg 3セット
  • マシンリアデルト 58.5kg 3セット
  • ナローベンチプレス 85kg 3セット
  • ダンベルライイングエクステンション 14kg 2セット

基本的にはどの種目も重量もしくは回数を伸ばすことができていて順調です。

ナローベンチプレスは、前回は最終セットで手のひらが痛くて1レップしかできなかったのですが、今回はそれがなかったのが良かったです。

通常のベンチプレスでは滅多に痛くならないので、グリップ幅が痛みの原因なのだと思いますが、明確には理由は分かっていません。

現在、ナローベンチプレスの手幅は20cm程度で行っていますが、今後も痛みが出るようであれば、少し広げることも考えています。

食事量を増やしている効果は、肩や三頭の発達にも現れているようです。

まとめ

今回は、ミリタリープレスのMAX測定について書きました。

60kgでセットを組めるようになったらなかなか強いと思うので、まずはそこを目指して頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です