デッドリフトMAX測定

どうも、mahuyuchanです。今日は、昨日のベンチプレスMAX測定に続いて、デッドリフトのMAXを測定したので、結果を報告します。

デッドリフトMAX測定

デッドリフトは、前回のトレーニングで170kgが5回挙がりました。

この数字をMAXに換算すると、195.5kgになりますので、測定前の目標は200kgに設定しました。

まずは20kgでアップをして、60kg→120kg→150kgと重量を上げていきました。

今通っている市営ジムはプレートの数も少ないので、20kgプレートだけを使って、60kg→100kg→140kgというように重量を上げていくことができません。

その分アップの回数が増えて疲労が溜まりそうな気がしたので、なるべくセット間のインターバルを取って、うまく記録に臨めるようにしました。

前回の重量である170kgは余裕でクリアして、その次に挑戦した190kgは、やや重く感じたものの、引き切るのに苦労した感じはありませんでした。

そして十分に休息を挟んでの200kgは、とにかく重かったですが、なんとかクリアすることができました。

自分は背中が強いので、ファーストプルで少しでも浮かせることができれば、腰の力で持っていくことができるのですが、今回は、浮いてからも非常に粘ってやっと挙げた感じでした。

途中で何回か心が折れかけましたが、キリよく終えたい気持ちでそれに打ち勝つことができました。

自己ベストは207.5kgなので、この調子でトレーニングが続けられれば、2ヶ月後くらいには更新できそうな気がします。

今年中に230kgくらい引ければ嬉しいです。

背中に関しては、トレーニングできなくなる前にほとんど近いところまで筋力が戻ってきたように思います。

トレーニングメニュー

  • デッドリフト 200kg 1回
  • ベントオーバーロー 65kg 3セット
  • チンニング 自重 3セット
  • ローマンチェアシットアップ 10kg 3セット
  • ニートゥーチェスト 自重 2セット

デッドリフトがMAX測定だけだったため、その後の種目は疲労がない状態で臨めました。

ベントオーバーローは、前回は65kgで6回、6回、4回でしたが、今回は8回3セットをこなすことができました。

フォームもぶれず、チーティングも使わなかったので、非常に良いトレーニングでした。

次回からはデッドリフトもまたヘビーに追い込むので、今日のようにはいかないと思いますが、重量を伸ばす気持ちは失わないようにします。

チンニングもだいぶ慣れてきて、前回より合計回数が4回増えました。

1セット目は10回できたので、そろそろ加重をしても良いかもしれません。

増量でエネルギーが豊富な状態が維持されているためか、トレーニングの質は非常に高いです。

まとめ

今回はデッドリフトのMAX測定について紹介しました。

今年中に自己ベストが更新できそうなのでワクワクします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です