第4回将棋ウォーズ対局振り返り

どうも、mahuyuchanです。今回も、将棋ウォーズの友達対局を振り返りたいと思います。

棋譜

棋譜はこちらから。

解説

戦型は角換わり腰掛け銀から、先手が桂馬を捨てて攻めるパターンになりました。

以前に紹介した時は、先手番を持っての対局でしたが、今回は後手番を持っての解説になります。

桂馬を犠牲に玉を吊り上げたところで、先手は5五銀と打ってきました。

この銀を取ってしまうと、6二角で一気に寄り形になってしまうため、渋々引き上げることになりますが、こちらは陣形がスカスカなので、角打ちには常に気を遣う必要があり、時間が欲しい局面でした。

図の局面は、玉を引いた手に対して6五歩と突いてきたところへの応手です。

6五歩を同歩では、玉のコビンが開くことに加え、将来的に6四歩の垂らしもあるので、別の応手を探していたところ、画像の3八角を発見しました。

当然、飛車を逃げる一手ですが、目障りな歩を払いつつ自玉そばに馬を作って好感触でした。

先手は馬と飛車を交換してきました。

働きの良い馬と働きの悪い飛車の交換だったので、この交換自体は先手が良いと思いますが、5九飛の打ち込みがあるので、後手も悪くないと思っていたのがこの局面です。

実戦は5九飛と予定通りの王手金取りをかけて、それに対して先手は4九歩と受けてきました。

ここで金を素直に取れば、5五の銀にも当たるので後手指しやすいのですが、なぜかその筋を見失ってしまい、飛車取りを避けつつ銀に当てる6三桂を選びました。

銀を取った手が後手陣に働いてくるので、悪い桂打ちではないだろうと実戦では思っていましたが、単に金を取って上部を厚くした方が良かったです。

そこから数手進み、先手玉は詰まず、後手玉は一手一手となって負けにしてしまいました。

中盤は何箇所かポイントがあっただけに、悔いの残る棋譜となりました。

対戦してくださった方ありがとうございました。

 24 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です