1週間ぶりのジムトレーニング

どうも、mahuyuchanです。今回は、1週間ぶりにジムに行った時の内容の振り返りです。

バイトが非常に忙しく

先週は、普段は多くても週に2回しかないバイトが毎日あったため、体を休ませる意味で、ジムに行くことを控えていました。

高々3時間程度の仕事なのですが、まだ体調面に不安のある自分にはかなりきつく、本格的な社会復帰が非常に遠く感じられています。

仕事をしながらトレーニングを継続することについても、よく考えながら今後を計画していく必要がありそうです。

仕事のストレスで大きく体調を崩した結果が今なので、新しく仕事を探す場合は本当に慎重に行わないといけません。

脚トレーニング振り返り

月曜日から金曜日まではジムに行くのを休み、土曜日から復帰しました。

基本的には1部位週1回のトレーニングなので、この休んだ期間に含まれる部位は、前回のトレーニングから2週間ぶりになる予定です。

土曜日に行っている脚のトレーニングは、予定通り1週間の間隔で行うことができましたので、トレーニングの内容もかなり良かったです。

以下はメニューです。

  • アブダクション
  • アダクション
  • シーテッドレッグカール
  • レッグエクステンション
  • グッドモーニング
  • フロントスクワット

市営ジムでは器具に限りがあるため、レッグカールやレッグエクステンションは、昨年の10月からずっと変更することなくやり続けることになっています。

途中までは記録も順調に伸びていたのですが、ここ最近は特にレッグエクステンションに停滞が見られています。

8回3セットを狙うやり方から、たまにアクセントとしてハイレップを取り入れてみることも考えています。

バーベルエクササイズであるグッドモーニングとフロントスクワットは好調で、特にフロントスクワットは以前の感覚が取り戻せてきたのか、フォームが安定し始めました。

バックスクワットよりも使用重量は落ちますが、ボトムで深い位置まで下ろしやすい点と、上半身の負担が少なく感じる点が気に入っています。

バックスクワットで上体が安定せずに記録が伸びない場合は、フロントスクワットの姿勢を練習することをお勧めします。

自分は三角筋にバーベルを乗せたら、手は顔の前に持ってくるような体勢にして動作を行います。

こうすると、上半身が直立した状態を維持しないとバーベルが落ちてしまうようになるため、良いフォームを維持しやすいです。

かなり昔に大学で動画を撮ったものがあるので、参考までに載せておきます。

脚は、今のジムではできる種目が限られていてマンネリ化しそうですが、とりあえずはうまく発達させられている気がします。

まとめ

今回は、1週間ぶりにジムに行けた話を書きました。

脚は比較的順調に発達しているので、この調子で頑張ります。

 36 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です