不調のトレーニング

どうも、mahuyuchanです。今回は、背中トレーニングの振り返りです。

5/13の背中トレーニング

5/13は背中トレーニングを行いました。

この日は持病の状態が非常に悪く、ジムに行くかどうか悩んだのですが、結局、カフェインを飲んで強引に出かけました。

前回はデッドリフトのMAX測定をしたので、今回はその結果を踏まえて、前々回の記録を回数で更新しようと思っていたのですが、結果は散々でした。

ジムに着いてからも気分が上がらず、集中力もまるでなかったです。

デッドリフトは、前々回が170kgで5回、4回、3回だったのでしたが、今回は170kgで4回、4回、4回でした。

体調不良の状態でも合計回数が変わらなかったので強くなっているという見方もできますが、1セット目の回数が更新できなかったので、自分の中ではダメなトレーニングでした。

2種目目のベントオーバーローは、重量を5kgアップさせた70kgでセットを組んで、6回、5回、4回でした。

集中できないとフォームが雑になりやすいので、回数はできなくてもそこだけは崩れないようにしようと意識してトレーニングしました。

最終種目のチンニングは、前回が10回、8回、7回だったのに対し、12回、7回、6回で、合計回数は変わらずでした。

全体的に集中を欠いた悪いトレーニングでした。

現在の体調

4月の中旬頃までは体調は比較的良かったのですが、それからは若干持病の状態が悪いです。

それでもトレーニングは問題なくできていたのですが、今週はそれも難しくなったように感じたので、少しオフを取ることも考えています。

使用重量が伸びてきて体の負担も増えているので、うまく休みつつ、また集中力が高まるのを待とうと思います。

今日は肩、三頭で、明日は脚の予定でしたが、思い切ってトレーニングは休みにして、また来週から再開できることを期待します。

1週間や2週間程度のディトレーニングでは筋肉は落ちないことを期待したいです。

まとめ

今回は、質の悪いトレーニングを行ったことについて書きました。

なかなか順調に回復というわけにはいかないようです。

 7 total views,  2 views today

2 thoughts to “不調のトレーニング”

  1. 体調が悪い時には無理せずお休みして、少しずつ筋力をアップさせていってください。

    1. トレーニングした方が体調が良いこともあるのですが、あまりにも体調が悪いとトレーニングの質が落ちて不完全燃焼になるので難しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です