近所のジムはまたしても休館に

どうも、mahuyuchanです。緊急事態宣言に伴い、最寄りのジムが休館になってしまいましたが、今回は、避難場所があるようです。

近所のジムは緊急事態宣言で休館に

いつもトレーニングしている施設は、自宅から歩いて20分ほどのところにあり、設備こそ少ないものの、トレーニングに最低限必要なものは揃っているので、なかなか重宝していました。

ところが、今回の緊急事態宣言延長に伴い、8月24日から9月12日まで休館となることが決まってしまいました。

1月頃に休館になった時は、1ヶ月の休館の予定が結局3ヶ月となり、かなりのダメージを受けたことを覚えています。

今回はそれと比べれば、一応は現段階では短期間の休館となっていますが、それでもトレーニングができない時間があると、持病にも悪影響があるので、どうにかしないといけないと考えていました。

せっかく筋力と筋量が戻ってきているので、この流れを止めたくないと思っています。

隣の市のジム

近所には、今使っている市営ジム以外にも、一応エニタイムフィットネスがあるため、最悪はそこに入会することも考えましたが、調べていると、隣の市のジムは利用停止措置を行っていないことが分かりました。

歩くと片道1時間ほどかかる距離なのですが、自転車を使えば20分くらいで到着するので、これまでも、何度か使用してきました。

この施設がいつ休館になるかは今のところは分かりませんが、開いている間は、少し遠いのは我慢して通おうと思っています。

同じ運営団体が、市と連携して行っているはずなので、こちらも休館になるかと思っていましたが、最終的な判断は市の方に委ねられたのかもしれません。

新しいトレーニング場所の問題点

これまでに使っていた近所の市営ジムは、1回の利用券が1時間単位で販売されていますが、隣の市のジムでは、2時間単位でしか販売されていません。

1時間あたりの値段で言うと、隣の市のジムの方がお得なのですが、できればトレーニングは短時間で強度を高くして終わらせたいので、あまりありがたくないと言うのが本音です。

とは言え、前述したように、通うまでが今までよりも大変になったことを考慮して、2時間をなるべくうまく使うようなトレーニングスタイルに変更しました。

これまでは、5分割にしていたものを、3分割にして、週に3回ジムに通うようにしました。

こうすると、長距離の移動を週に何回も行わなくてよくなることに加え、2時間のトレーニング時間も有効活用できます。

試しに1週間このやり方でトレーニングしましたが、課題はやはり体力の面になりそうです。

学生の頃は2時間程度なら余裕でトレーニングできましたが、今は、後半の1時間は目に見えてトレーニングの質が落ちているように感じます。

現在の新しい分割は以下の通りです。

  • A:胸、背中
  • B:肩、腕
  • C:脚

この中では、やはり胸と背中の日が一番きつい印象ですが、9月になれば元のジムに戻れると思うので、短期間のブートキャンプと思って頑張ります。

1時間以上になると、体力的にも精神面での集中力的にもきつくなってきます。

まとめ

今回は、ジムの休館について紹介しました。

隣の市のジムは、元のジムよりは器具が多少は揃っているので、そこだけは良い点だと前向きに考えて、頑張って続けようと思います。

 54 total views,  3 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です