脚トレーニングはやや好調

どうも、mahuyuchanです。
今日はエニタイムフィットネスで脚トレーニングでした。
前回は不調でしたが、今回はいくらか調子が良かったです。

これまでの脚トレーニングと変わった点

今日の脚トレーニングでは、今までと2点変わったことがありました。

一つは、エニタイム所属になって、ジムにいる間は常にマスクを着用しないといけなくなったことです。

以前通っていた市営ジムでは、トレーニング中はマスクを外してもOKだったのですが、エニタイムはそれが禁止となっています。

脚トレーニング以外ではそれほど不自由を感じずに今週はトレーニングをしていましたが、一番負担の大きい脚トレーニングでそれがどの程度影響するかは未知数でした。

結論から言うと、脚トレーニングでもそれほど負担はなかったです。

普段の生活では、マスクをすると息苦しいと感じることがありますが、トレーニング中は大きく息をするため、遮断されることの影響が小さくなるのかもしれないと思いました。

もう一つは、底の平らな靴を試したことです。

今までは、かかと部分にクッションのある一般的なスニーカーでトレーニングをしていたのですが、底が薄い方が安定して記録が伸びると意見をよく聞いていたので、ワークマンで買った安物のシューズで試してみました。

シューズの使用感については改めて記事にしようと思っていますが、1回使った感じでは、あまり自分には合っていないような気もしました。

しかしながら、フォームに左右される部分もありそうなので、もう少し研究してから結論は出そうと思います。

マスクと靴という変更点が、今後トレーニングを重ねるにつれてどう影響するかはまだ未知の部分があります。

メニュー紹介

スクワット

100kg 1回、1回 120kg 1回 130kg 1回

コンディションは悪くなかったと思いますが、新しい靴の感触が掴めなかったためか、アップはかなり重く感じました。

原因として考えられるのは、ハイバースクワットのフォームとかかとの薄い靴の相性が悪かったことです。

これに関しては前述のとおり改めて記事にします。

120kg 8回、8回、8回

前回は8回、8回、5回だったので、3回伸ばすことができました。

筋力が上がったことによるものなのか、相性が悪いと感じつつも、実際は靴の効果があったことによるものなのかはまだ分かりません。

3セット目は、4レップ目から呼吸を整えて挙げるモードに入ったので、8回は厳しいかなと感じましたが、気合でなんとか乗り切った感じです。

まだまだフォームが磨かれていないので、それも意識した練習を行いたいです。

ルーマニアンデッドリフト

125kg 6回、6回、4回

スクワットで体力を使い切ってしまったためか、前回よりも回数が減りました。

また、ハムストリングをストレッチするために、プレートを重ねて段差を作り、その上に乗ってトレーニングしているのですが、エイニタイムのプレートは径が小さいため、足幅がそれによって狭くなったこともマイナス要因だったかもしれません。

次回はスクワット次第ですが、できれば回数を更新したいところです。

ハムストリングと臀部が弱点なので、しっかりとルーマニアンデッドリフトで刺激を入れていきたいです。

レッグエクステンション

68kg 8回、7回、5回

腰を浮かさないフォームで行いました。

エイニタイムにあるマシンは、グリップ部分の位置が自分の腕の長さと合っていて、動作中にしっかりと体をホールドできる点が気に入りました。

今後もチーティングは使わずに重量を伸ばしていきます。

アブダクション

49kg 15回、15回、11回

今日の一番の発見は、アブダクションのマシンが非常に効くことでした。

臀部が弱点なだけあって、なかなかトレーニング中に収縮を意識できずにいたのですが、今日使ったマシンはそれを比較的感じやすく、臀部を狙い撃ちできたように思います。

今後は、別の部位の日でもアブダクションだけ取り入れても良いくらいにも感じました。

臀部がしっかりと発達しているとバックポーズの時に映えるので、頑張りたいです。

アダクション

35kg 10回、6回

アブダクションとは対照的に、アダクションはあまり良い感覚がなかったです。

スクワットで疲労していたことも関係しているかもしれません。

スタンディングカーフレイズ

40kg 20回、20回、20回

弱点のカーフは、20回3セットを目標に行っています。

重量を伸ばすことに捉われず、全てのセットで最大収縮させることを意識しています。

まとめ

今回は脚トレーニングの振り返りでした。

少しですがまたスクワットが伸びたのは嬉しいです。

 58 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です