背中トレーニングは絶好調

どうも、mahuyuchanです。
今日は背中のトレーニングが非常に好調だったので、丁寧に振り返りたいと思います。
デッドリフトの動画もありますので、ぜひご覧ください。

デッドリフト180kg5回

前回のトレーニングでは、1RMの自己ベスト更新となる215kgを挙げ、その後はさらに180kgの止めありで4回を挙げることができました。

筋量アップには8回3セットが良いことは分かっているものの、重量が上がってきたことによって体への負担も増えてきているので、今日も180kgの低回数に逃げることにしました。

110kg 1回 140kg 1回 160kg 1回

エニタイムフィットネスに標準的に置かれているハンマーストレングスのプレートは、一般的なパワーリフティングに使われるプレートと比べて、直径が3cmほど小さく作られているとのことで、トレーニングを行う前は記録に左右しないか気になっていましたが、実際に行ってみると、そこまで違和感は感じなかったです。

180kg 5回、4回、4回

メインセットに入っても違和感を感じることはなく、前回の記録を更新することができました。

底の薄いカックスシューズも、記録を伸ばすことに役立った気がしました。

次回はウエイトはこのままで6回を目指すか、170kgまで下げて8回3セットを目指すか悩むところです。

BIG3の中ではやはりデッドリフトが一番得意なようです。

メニュー紹介

デッドリフト

デッドリフトの内容は上記の通りです。

靴の感想はまた別の記事で書きます。

ワイドグリップラットプルダウン

61kg 10回、10回、7回

ラットプルダウンはなかなか効かせられないことが続いていたので、今回も、重量よりも動作を丁寧に行うことに重点を置きました。

バーがゴムのような素材でできていて滑らないタイプの好きなものだったこともあり、ここ最近では一番効かせることができたように感じました。

次回は同じ重量で回数を伸ばすことを意識します。

ベントオーバーロー

60kg 13回、10回、6回

デッドリフトが好調な分、同じような姿勢で動作する必要のあるベントオーバーローの記録は伸び悩んでいます。

ハムストリングや下背部の疲労によりあまりにも重量が伸びないようであれば、マシンを使ったロウイングに切り替えることも考えています。

ナローグリップラットプルダウン

54kg 9kg、7回、6回

マググリップで行いました。

マググリップを使うのは、ゴールドジムに通っていた時以来なので数年ぶりでした。

ナローグリップのラットプルダウンは、背中の下の方に効きやすいと個人的には思っていますが、よく考えると、自分の背中は上背部の厚みに欠けているので、この種目を行う体力でサポーテッドローなどを行った方が良いのかもしれません。

なかなか後部三角筋から僧帽筋にかけてのゴツゴツ感が出てこなくて悩んでいます。

バックエクステンション

自重 15回、15回、15回

デッドリフトの補助種目として行っています。

ラストの種目で疲労も溜まっているので、現在は自重で行っています。

まとめ

今回は、久しぶりにトレーニング動画を紹介することができました。

今後もチャンスがあれば投稿していくので、是非ともご覧いただければと思います。

 98 total views,  6 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です