ベンチプレスはやや不調

どうも、mahuyuchanです。
今日は月曜日なので胸トレーニングでした。
インターバルをしっかり測って行う形式にも慣れてきましたが、今日はやや出力が低いように思われました。

メニュー紹介

ベンチプレス(4分)

まずはアップで120kgまで持ちましたが、最後の120kgがすんなり挙がらずに粘った点が良くなかったです。

一昨日のトレーニングでは、人生で2度目の125kgをクリアしましたが、その時は120kgは軽く挙がった感じでした。

常に120kgは軽く押せるようにしたいところです。

メインセットは前回プラス5kgの105kgで5回、5回、2回でした。

1セット目の段階でずっしりと重さを感じてしまったので、3セット目が2レップというのも納得です。

左肩がやや痛いような気もしましたが、全体的にフォームがハマらなかったのが敗因と思います。

110kgで5回挙げたのが直近での回数のベストなので、それに戻せるように頑張ります。

ダンベルベンチプレス(3分)

前回はインターバルは2.5分だったのですが、やや回復し切っていないように感じたので、今回は3分にしました。

結果は、42kgで8回、7回、5回だったので、まずまずといった感じです。

理想を言うならば、スタートする前にしっかりとブリッジを組んで動作に入りたいのですが、42kgのダンベルをトップで維持するだけでも今の自分には大変なので、まだ完璧にフォームを組む段階には至っていません。

しばらくは42kgで練習を続けて、その感覚を掴めるようにしたいです。

インクラインダンベルフライ(2分)

インクライン系種目は、今はインクラインダンベルフライのみですが、この後に紹介するダンベルプルオーバーでも同じような部分を狙えていると思います。

意識しているのは、ストレッチさせつつもボトムで負荷が抜ける瞬間がないようにすることです。

ボトムでは筋肉にダンベルを引っ掛けるイメージで行っています。

今回は、34kgで8回、5回、4回でした。

2セット目はもう少し粘りたいところでした。

トップで上まで挙げすぎないようにして、そこでも負荷が抜けることを防止しています。

ダンベルプルオーバー(4分)

胸の筋肥大に一番効果があると思っている種目ですが、肘の怪我のせいで長い間封印していました。

痛みもだいぶ減ったので、2月から再びメニューに取り入れていますが、やはり感触は非常に良いです。

ボトムで大胸筋が縦方向にストレッチされる種目はこの種目だけなので、プレスやフライとは違う刺激を与えることができます。

トップポジションでの収縮を意識すると、大胸筋の中央部にも刺激が入るので、たくさん恩恵のある良い種目だと言えます。

44kgで8回3セットでした。

次回は46kgでセットを組みます。

自分はベンチにクロスするように寝転がって行うスタイルが好きです。

ケーブルクロスオーバー(1分)

最後に胸をパンプさせる目的で行います。

ここまでの種目でほとんど胸は疲労し切っているので、ごく軽い重量で動きを重視しながら、8回3セットを目指します。

12.4kgで8回、6回、5回でしたが、エニタイムのプーリーは今まで通っていたジムのどのものよりも重く、20kgくらいはあるように感じます。

まとめ

インターバルを測るようになってから、だらだらトレーニングすることがなくなりました。

筋肉への刺激がマンネリ化していた部分もあったので、それを今後は直していきたいです。

 92 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です