東大受験芸人TAWASHIさんのABEMAテレビ出演が決定!

どうも、mahuyuchanです。
今回は、以前に紹介した東大受験芸人TAWASHIさんのABEMAテレビ出演が決まったので、それについて解説したいと思います。

TAWASHIさんとは?

TAWASHIさんは、ABEMAテレビで堀江貴文さんが売れない芸能人を東大に合格させて話題にするという企画に抜擢された芸人の一人です。

その年の企画では合格することはできなかったのですが、番組終了後も自主的に東大入試への挑戦を続けており、つい先日、4回目の挑戦を終えたところでした。

TAWASHIさんについては、以前に過去の成績を振り返る形式の記事を書いていますので、そちらもご参照いただければと思います。

去年の模試の結果はまずまずといったところだったので、過去3回の受験よりは合格の可能性は上がっているとは思いますが、今年の東大入試は英数国が難化したと言われているので、優秀な受験生に差を付けられていると厳しくなりそうです。

企画で東大受験に挑んだ他の芸能人は、すでに東大合格を諦めている中、一人だけ挑戦し続ける姿勢はすごいと思います。

ABEMAテレビ出演決定

本日公開されたTAWASHIさんのYouTubeで、3月10日の合格発表当日に、ABEMAテレビで生放送をするとの発表がありました。

東大の合格発表は例年12時くらいに行われるので、その時間よりもずいぶん遅い時間の放送となりますが、視聴率のことを考えると、やはりゴールデンタイムに持ってくる必要があったのかなと思います。

個人的には、去年1年間の模試の成績が悪くなかったため、番組ディレクターが勝算ありと見て再び企画を立てたような気がします。

番組から発表されている出演者は以下のようになっています。

堀江貴文さんは知らない人はいないと思いますので、それ以外の出演者のプロフィールを分かる限りで簡単に紹介していきます。

わちみなみ

TAWASHIさんと一緒に最初の企画で東大受験に挑戦したグラビアアイドルです。

企画終了後は、個人のYouTubeの活動のほか、本業の仕事も少しですが行っているようです。

ヨビノリたくみ

横浜国立大学から東大大学院に進学し、現在はYouTubeで活躍している方です。

将棋関連の記事をこのブログで何度か書いていますが、ヨビノリさんも将棋がとても好きということで、頻繁に棋士とのコラボ動画をアップしています。

XXCLUB大島育宙

大島さんという方は存じ上げなかったので調べてみたところ、東大法学部出身でお笑い芸人をやっている異色の方でした。

コンビのYouTubeチャンネルもあるようですが、ウィキペディアによると、登録者数は1920人とのことで、まだまだブレイクには遠いような芸人さんなのかなと思いました。

平井基之

TAWASHIさんが3回目の東大受験の時からお世話になっている敬天塾の塾長です。

TAWASHIさんの動画にもよく顔を出しています。

西澤由夏

ABEMAテレビアナウンサーの方です。

普段YouTubeを見ないような世代にとっては、堀江さんしか有名人がいないように見えるキャスティングに思われます。

TAWASHIさんの合格可能性は?

ABEMAテレビの放送前に、TAWASHIさんの合格可能性を少し考えてみようと思います。

TAWASHIさんの共通テストの点数は683点でした。

こちらのサイトを参照すると、文系受験生の得点率で一番集中しているのが80%程度のようで、その数は約400人と思われます。

TAWASHIさんが出願したと思われる文科二類は、定員353人に対して第一段階選抜が3倍なので、単純計算なら1059人が受験することになります。

共通テストの結果だけを見ると、TAWASHIさんは他の受験生と比べてややビハインドとなっていることが分かりますが、東大は共通テストの点数は約9分の1に圧縮されて、二次試験の点数の方が重視される傾向にあるので、このこと自体はそれほど大きなハンデにはならないと思われます。

問題は、二次試験でどの程度の得点が出来たのかという点になりますが、個人的には、今年はTAWASHIさんには厳しい年になったのではないかと考えています。

その理由としては、苦手としている数学が難化したため、得点できる受験生との間に大きく差をつけられてしまった可能性があることです。

一方で、得意としている日本史と世界史は例年通りの難易度との講評があり、ここで他の受験生と差を広げられなかった点は厳しく作用すると思われます。

英語と国語も難化と言われており、模試で高得点を取ったこともある英語はまだなんとかなる可能性があるとはいえ、なかなか点数が安定していなかった国語の方は大きく崩れた可能性も否定できないと思います。

国語は採点基準が明確でなく、対策によって高得点を期待することが難しい科目ではあるのですが、文系ならば、最低でも半分は取れていないと厳しいはずです。

TAWASHIさんもそのあたりは重々承知していると思いますが、これまで高得点を取れたことのない科目なので、あまり良い結果を予想できないです。

以上をまとめると、今年の東大入試の問題傾向は、個人的には、TAWASHIさんには逆風のような構成だったように思います。

社会で圧倒的な点数を取れれば景色は変わりますが、これまでの3回の受験でも達成できていなかったので、厳しいと思われます。

まとめ

今回は、TAWASHIさんの合格発表特番について紹介しました。

合格発表までもう1週間を切っているので、本人はドキドキだと思います。

自分が受験した頃は後期試験があったので、結果を待ちながらその対策をしたことを覚えています。

ただ待つだけと、ソワソワしながら手に付かない勉強を行うのと、どちらが心理的に楽なのかはよく分からないです。

TAWASHIさんの結果が良い方に向かうことを祈っています。

 122 total views,  1 views today

2 thoughts to “東大受験芸人TAWASHIさんのABEMAテレビ出演が決定!”

  1. たわしさんの合格発表がアベマで取り上げられると知っておどろきました。
    たわしさんご本人もプレッシャーだと思います。
    合格発表だけを取り上げるのではなく、この一年番組企画としてたわしさんの勉強を追いかけて欲しかったなという思いもありますが、大人の事情もあるかもしれないのでこれ以上の発言は控えさせていただきます。
    4年間応援してきたので良い結果になることをお祈りしてます。

    1. 放送時間が実際の合格発表とズレているのは、事前に合否を確認してから番組の構成を考えるからではないかと思っています。
      いずれにしろ、受かると良いなとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です