復帰後の胸・二頭トレーニング6回目の記録

どうも、mahuyuchanです。今回は、ジム復帰後の6回目の胸トレーニング内容の記録記事になります。

ジム復帰後のトレーニングも6回目に入り、だいぶ調子が出てきたところなのですが、残念なことに持病の精神病の調子がここのところあまりよくなく、毎週のようにジムに通うのが難しい可能性も出てきました。

うまくトレーニングのリズムが作れると精神面にも良い効果が出るので、できるだけ続けるようにしたいと思ってはいます。

今日は2台あるベンチ台のうちの1台が空いていたので、前回できなかったベンチプレスを行うことができました。

できるだけ良い状態を維持できるように、クリニックとも相談しながらやっていきたいと思います。

ベンチプレス

前回 80kg 7回、6回、4回

今回 80kg 8回、8回、5回

前回はバーベルのベンチプレスができなかったのでダンベルベンチプレスを行ったため、2週間ぶりのトレーニングとなりました。

結果は、回数を大幅に伸ばすことができて満足いく内容となりました。

80kgで8回できると、計算上は100kgが1回上がることになるので、1つの区切りを迎えたように感じます。

ベンチプレスのマックスは足上げで120kgなので、それを目指して頑張ります。

マシンチェストプレス

前回 → 65.5kg 7回、6回、4回

今回 → 65.5kg 8回、6回、6回

ベンチプレスでかなりの体力を使ったため、マシンのチェストプレスは良い結果が出なくても問題なしという気持ちで臨んだのですが、意外と回数を行うことができました。

トレーニングも6回目となり、基礎的な筋力に加えて、持久力も戻ってきているのかもしれません。

2セット目で8回をクリアできたら、重量をアップしようと思います。

フラットダンベルフライ

前回 18kg 7回、7回、5回

今回 18kg 8回、8回、6回

前回は自分が一番効かせやすいマシンフライを久しぶりに使うことができたのですが、今日は使用中だったので行うことができませんでした。

代替種目としてはインクラインダンベルフライが自分の中では適していると思っているのですが、残念ながらインクラインベンチも使用中だったため、残る1択でフラットダンベルフライを行いました。

今までは肘を曲げて負担を減らすフォームで行う代わりに重量を扱っていたのですが、トレーニングを再開してからは、重量は軽くする代わりに、なるべく肘を伸ばしてストレッチさせるフォームで行っています。

ダンベルを使ったフライは、ストレッチ感は得やすいのですが、マシンに比べると収縮ポジションでの負荷のかかり方がいまいちなので、できればマシンでトレーニングしていきたいと思っています。

ベンチプレスが順調に強くなっていて安心しました。

二頭

最近は、二頭も幾らかサイズが戻ってきたように感じます。

元々二頭は弱点で小さかったので、それを考えると、他の部位よりも一番先に元のサイズに戻るのかもしれません。

インクラインダンベルカール

前回 → 8kg 10回、8回、7回

今回 → 8kg 14回、9回、8回

前回はあまり回数が稼げませんでしたが、今回は1セット目でなかなかの回数を行うことができました。

インクラインダンベルカールは、二頭の中では一番気に入っている種目で、ポイントは、一連の動作の中で上腕を前後に動かさないようにすることだと思っています。

常に上腕は床と垂直な状態を維持すると、二頭の収縮感が得やすいです。

バーベルカール

前回 → 22.5kg 10回、8回、7回

今回 → 22.5kg 12回、8回

時間の関係で2セットしか行うことができませんでした。

インクランダンベルカールをメイン種目として集中しているので、バーベルカールは3セットできなくても良いかなくらいに思うようにしています。

インクラインダンベルカールが自分には一番あっていて、これによりサイズ感が増した(戻った)気がします。

まとめ

今回は、ジム通いを再開してから6回目の胸・二頭トレーニングについて紹介しました。

前回の目標だったベンチプレス80kg8回をクリアしたので、次は100kg8回を目標に頑張ります。

 41 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です