マウスピースで筋力アップ

どうも、mahuyuchanです。今回は、トレーニング中に使用すると有効なマウスピースについて解説します。

そもそもマウスピースとは?

マウスピースという名前を聞いたことはあっても、実際に現物を見たり、使用したりしたことがある人は少ないのではないでしょうか。

自分の感覚では、マウスピースは、医療用とスポーツ用の2つの用途で用いられるように思います。

前者の医療用では、歯列矯正に使われたり、睡眠中の歯ぎしりを防止したりするのに使われます。

寝ている間に無意識のうちに歯を食いしばる癖のある人は、それにより、顎の筋肉痛や疲労を引き起こしたり、場合によっては肩こりになったりもします。

スポーツ用の用途では、主にコンタクトスポーツや打撃系スポーツで使用されています。

ラグビーやアメリカンフットボールでは、選手同士が強い力でぶつかることが多いため、その際に歯に加わる衝撃を軽減する意味合いがあります。

また、ボクシング等の格闘技でも、歯が折れることを防止するためにマウスピースを使っているのを見かけます。

マウスピースは医療用とスポーツ用の2種類の使い方が有名です。

トレーニングにおけるマウスピースの位置づけは?

トレーニング時にマウスピースを使うことは、前述の医療用の意味にも、コンタクトスポーツ用の意味にも当てはまりません。

それでは、なぜ、ウエイトトレーニング時にマウスピースの使用が勧められるのでしょうか。

人間は、歯を強く噛み締めることで首周りの筋肉を緊張させることができ、それにより、発揮できる筋力を高めることができます。

その際に重要となるのが噛み合わせで、綺麗な歯並びをしていれば、それだけしっかりと歯を食いしばることができます。

しかしながら、誰もが綺麗な歯並びを持っているわけではないですし、スポーツのために歯列矯正をしようと考える人もあまりいないと思います。

そこで有効になるのがマウスピースです。

最近は、お湯につけて柔らかくした後に自分の歯にフィットさせることで、簡単に自分だけのマウスピースを作ることができるようになりました。

これを使うことで、歯並びが多少悪くても、マウスピースを介して強く噛み締めることが可能になります。

また、強く噛み締めた時に、強い負荷がかかって歯が欠けることも防止できます。

自分もマウスピースを使っていますが、あるのとないのでは、重量にしたら5kgくらいは違いが出るように感じます。

また同じ重量ならば、マウスピースを使うことで、セットのラスト2回くらいで粘れるようになります。

オンラインショップ等でいくらでも簡単かつ安価に手に入れることができるものなので、まだ試したことのない方は、ぜひ一度試していただければと思います。

まとめ

今回は、ウエイトトレーニングにおけるマウスピースの有効性について解説しました。

自分もマウスピースを使い始めてからトレーニングの質が変わったと思っていますので、ぜひこれを読んだ方にも試してもらいたいです。

One thought to “マウスピースで筋力アップ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です