4/7トレーニング記録(背中、腹)

どうも、mahuyuchanです。今回は、昨日行なった背中、腹トレーニングの振り返りです。

背中のトレーニング

背中も他の部位同様に、筋力を高めていくことを主眼に置いています。

中重量をスローなフォームで行ったり、高重量の後に低重量で追加のセットを行ったりするようなトレーニングも今までに経験しましたが、やはり王道の、高重量3セットで追い込むスタイルが一番良いという結論に至りました。

トレーニング時間も、だらだら長時間やることなく、基本的には2部位を1時間で終えるようにしています。

筋力イコール筋量と考えて、ひたすら重量を扱えるようになることを目指しています。

デッドリフト

前回 130kg 7回、6回、6回

今回 140kg 7回、6回、3回

デッドリフトは、前回より10kg重量をアップしましたが、セットの感触は悪くなかったです。

BIG3の中では一番得意だと思っているので、ジムの休館でトレーニングから遠ざかっていても、フォームがそれほど崩れなかったのかもしれません。

3セット目は流石に力尽きてしまいましたが、1セット目と2セット目は粘りながら挙げることができたので、次回はこの感覚を忘れずに8回3セットを目指します。

ベントオーバーロー

前回 60kg 6回、5回、4回

今回 60kg 8回、6回、5回

ベントオーバーローも前回より記録を伸ばすことができました。

しかしセットの後半になると、バーベルを引き切るのにかなり苦労する場面がありました。

次回も重量は変えずに60kgで行い、しっかりとフルレンジで動作することを意識したいと思います。

ラットプルダウン

前回 58.5kg 7回、5回、4回

今回 58.5kg 8回、6回、5回

ラットプルダウンは重量は変わらずですが、合計回数を3回増やすことができました。

ベントオーバーロー同様に、しっかりと引き切ることが重要と考えていますので、次回も重量は変えずに、フォームを意識してトレーニングします。

全体的に調子良くトレーニングできたので、この流れで自己ベストまで進みたいです。

腹のトレーニング

腹筋は、退屈なので一番苦手な部位ですが、コンテストに出ることを考えておくと、手を抜くわけにはいかないので、渋々行っています。

つまらないのは、記録が伸びる楽しみがないことが理由だと思いますが、今のところはあまり楽しくトレーニングする工夫はできていません。

何かおすすめがある人はコメントしていただけると嬉しいです。

今回は、以下の2種目を行いました。

  • ローマンチェアシットアップ
  • ハンギングツイスト

特筆することもないですが、強いて言えば、ローマンチェアシットアップでは、腹筋をしっかりとストレッチさせることを意識しています。

シットアップやクランチでは、ストレッチポジションで負荷をかけるのが難しいので、その点がクリアできるローマンチェアシットアップはおすすめです。

まとめ

今回は、背中と腹のトレーニングの振り返りをしました。

トレーニングの基本通りに、正しいフォームで重量を伸ばすということを忘れずにこれからも継続していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です