ベンチプレスMAX測定

どうも、mahuyuchanです。今回は、ベンチプレスのMAXを測定したので、結果を報告します。

ベンチプレスMAX測定

緊急事態宣言後にジムが再開してから約1ヶ月経ったので、今日はベンチプレスのマックスを測定しました。

3月末に今使っている市営ジムとは別の施設でMAX測定をしたときは、ギリギリ100kgが上がりました。

今日のMAX測定では、110kgが最高記録でした。

筋力的にはもう少しいけそうな感じはしたのですが、フォームがいまいち定まらず、112.5kgは潰れてしまいました。

以前にも書きましたが、うまく重量を僧帽筋で支えられると重量が扱えるので、その感覚を身に付けられるように今後も練習していきます。

前回のトレーニングの結果である92.5kg7回をMAXに換算すると111kgになるので、おおよそ実力通りの結果だったようです。

トレーニングメニュー

ベンチプレスのMAXを測定した後は、普段通りのメニューを行いました。

  • ベンチプレス
  • マシンチェストプレス 85.5kg 3セット
  • マシンフライ 65.5kg 3セット
  • インクラインダンベルカール 12kg 3セット
  • バーベルカール 30kg 2セット

ベンチプレスの疲労がなかったためか、全体的に出力が高かったです。

特にマシンチェストプレスの感触がよく、前回は6回、4回、3回だったものが、8回、7回、6回と、合計で6回も伸ばすことができました。

このマシンは自分の体に非常に合っているので、この調子で記録を伸ばすことに集中します。

マシンフライも重量が伸びてきて良い感じでした。

この種目では大胸筋上部を狙いたいので、シートを一番下に下ろし、グリップは通常のハンドル部分より上のアーム部分を持つようにしています。

こうすると、インクラインフライのような軌道を取りやすくなるので、ダンベルのインクラインフライが苦手な方はぜひ試してみてほしいです。

筋力の伸びとともに筋量も戻ってきている気がします。

まとめ

今回はベンチプレスのMAX測定結果について紹介しました。

次回の測定は6月か7月くらいに行いたいと思います。

それまでには最低でも95kg8回をクリアして、MAX換算で115kg程度の実力を付けられるようにしたいところです。

 46 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です