肘の状態はまずまず

どうも、mahuyuchanです。
昨日は胸トレーニングでした。
肘痛からかなりの間トレーニングを休んでいましたが、ようやく再開できそうなレベルまで回復してきました。

肘痛について

肘の痛みは、記録が残っている限りでは9月18日から起こっていたようで、それが日に日に悪化していったことは覚えています。

肘が痛くなった原因としては、高重量の加重ディップス、過度な伸展が起こるダンベルライイングエクステンション、肘の自由度が低い状態で行われたバーベルプルオーバーなどが考えられます。

痛みが生じ始めた段階でこれらの種目を休止すれば、それほど悪化せずに済んだのだと思いますが、面白いように使用重量が伸びていたタイミングだったので、なかなか止める決断ができませんでした。

結局、服を脱いだり、ベッドから片腕を支えにして起き上がったりするような動作でも痛みが出るようになったことにより、肘の伸展を伴う種目を行わないことになりました。

胸のトレーニングは2週間の休止期間を設けたり、肩や三頭の種目を工夫したりすることを続けた結果、おおよそ1ヶ月程度で、それほど痛みが出ない状態に戻すことができました。

まだ完治しているわけではないので、調子に乗って高重量を扱うことのないようにしたいです。

怪我をしてしまうと、長期間トレーニングを行えなくなる可能性があるので、皆さんも無理はないようにしてください。

11/30胸トレーニングメニュー紹介

ベンチプレス

80kg 8回、8回、8回

前回は60kgで恐る恐るでしたが、今回は肘が良くなった感覚があったので、80kgでセットを組みました。

80kgではまだ肘の痛みは出ませんが、ここから重量を上げていった時のことが不安なので、しばらくは80kgでフォームの練習を続けるかもしれません。

インクラインダンベルフライ

30kg 9回、7回、6回

ストレッチを意識して行っています。

10回3セットをクリアできるまで筋力が戻ったら、次のウエイトに進もうと思います。

ハンマーインクラインチェストプレス

80kg 7回、6回、5回

なかなか気に入っているマシンです。

スタートポジションから挙上する際に、大胸筋中央部を絞り込むような動作が入る点が良い感じです。

スタートポジションがかなり深い位置にあるため、重量が上がってくると動作を開始するのが難しくなりそうなのが気がかりですが、とりあえず今の重量では問題はないです。

マシンフライ

68kg 7回、5回、4回

かなり大型に作られていて、フレームが自分の骨格に合わない感じでした。

マシンのフライは、大胸筋の収縮を感じやすい点が優れていますが、このマシンに関しては、サイズ感が合わないことが気になってしまってなかなかピンポイントで筋肉を狙うのが難しい感じでした。

今後は普通のダンベルフライを代わりに行うかもしれません。

ケーブルクロスオーバー

14.6kg 4回 10.1kg 7回、6回、6回

それこそ年単位ぶりに行った種目です。

滑車の位置の問題なのか、ウエイトに書かれている数字よりもかなり重く感じました。

この種目でも収縮ポジションを意識しやすいので、マシンフライの代わりに行っても良いと思っています。

まとめ

肘がようやく治ってきたので、少しずつできる種目が増えていきそうです。

 146 total views,  3 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です