肘の痛みはほとんどなし

どうも、mahuyuchanです。
肘の痛みが減ってきて、胸のトレーニングがかなり満足に行えるようになってきました。

ベンチプレスのリハビリ

先週はベンチプレス80kgを3セット行いましたが、ほとんど痛みがなかったため、昨日のトレーニングでは90kgに重量をアップさせて行ってみました。

結果は、メインセットの前に行った110kgがやや重いもののクリアで、メインセットの90kgも、3セット目以外はある程度の余裕を持って8回クリアでした。

全体しては、筋力はそれほど落ちていないものの、ベンチの幅が細くなったために安定感を欠くような感覚がありました。

ここに関しては、今後うまく慣れさせていくことを考える必要があります。

肘の痛みはほぼ無くなったのが良かったです。

メニュー紹介

今回からメニューの順番や使用重量をやや変更しました。

  • ベンチプレス 110kg 1回 90kg 8回、8回、8回
  • ハンマーインクラインチェストプレス 80kg 8回、8回、8回
  • フラットダンベルフライ 22kg 8回、8回、8回
  • インクラインダンベルフライ 22kg 8回、6回、5回
  • ケーブルクロスオーバー 10.1kg 9回、8回、6回

これまでは、プレスとフライを交互に行うことをイメージしていましたが、前半でなるべく重量を扱いたいと考えて、プレスをまとめて行うようにしました。

また、フライはやや重量にばかり目が行っていた部分があったので、重量を一旦下げて、その代わりにボトムで限界までストレッチさせることを意識しました。

ストレッチさせつつも、筋肉の緊張は抜けないようにコントロールすることで、軽めのウエイトでも負荷が乗っている感じを得られるようにしました。

肘が完全に治り次第、ダンベルプルオーバーは取り入れていきたいですが、まだ危険な気がするので様子を見ている段階です。

重量を扱う種目と、ストレッチを重視する種目をしっかり区別していきます。

まとめ

肘がかなり良くなったので、他の部位の種目も少しずつ増やしていけそうです。

治すための期間を設けたことで、だらだら長引くことを防げたのが良かったのかもしれません。

 114 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です